CrystalSnowman.com

あなたの時間節約につながる情報を提供します

iPhoneのホームボタンを長持ちさせる方法

iPhone6 home

iPhoneのAssistiveTouch機能を使ってホームボタン操作を画面タッチでできるようにします。ホームボタンを押す頻度を減らすことによりホームボタンを長持ちさせます。iPhoneを長く使いたい人にはお勧めです。

方法

きっかけ

現在iPhone6 PlusのSIMフリー版を使用しています。最初にまとまったお金で購入したのでなるべく長持ちさせたいなと思っていました。
使っていて最初に消耗するのはホームボタンだと思いました。電源オン、スリープ復帰、アプリ終了と多くの場面で押されます。こんなにボタンを押して大丈夫かなと心配になりました。そのためホームボタンを押す回数を減らしたいと思いました。

AssistiveTouchとは

調べているとiPhoneのAssistiveTouch機能を使用すれば、物理的なボタンを押さずにホームボタンの操作ができることが分かりました。もともと物理的なボタンが押せない時に使う機能で、実際ホームボタンが効かなくなった時の応急処置にも使われているようです。
またホームボタンだけでなくSiri起動やスクリーンショット撮影、音量調節などが画面タッチだけで可能です。

iOS デバイスで AssistiveTouch を使う – Apple サポート

AssistiveTouch設定方法

「設定」を起動します。
iPhone AssistiveTouch

「一般」をタッチします。
iPhone AssistiveTouch 2

「アクセシビリティ」をタッチします。
iPhone AssistiveTouch 3

「AssistiveTouch」をタッチします。
iPhone AssistiveTouch 4

「AssistiveTouch」をオンにします。
iPhone AssistiveTouch 5

丸いアイコンが表示され、AssistiveTouch機能が有効になりました。
iPhone AssistiveTouch 6

ホームボタン操作などをタッチでできるようになりました。

操作感

薄い丸いアイコンが現れます。それをタッチしてAssistiveTouchを表示させます。そして「ホーム」をタッチします。
ホームボタンを押すだけなら1アクションですが、AssistiveTouchの場合2アクションとなります。
AssistiveTouchの起動に一瞬間があります。そのためホームボタンを押した方が断然早いです。
ただAssistiveTouchに慣れると、画面タッチだけでまったく力を入れずに操作できるので楽です。

しばらく使用して操作は次のように落ち着きました。
スリープ解除や電源オンの時はホームボタンを押し、アプリ終了は画面タッチで行い、電源オフは電源ボタンを押します。
これだとそれぞれのボタンが均等に使われ、ボタンの寿命が伸びると思います。

まとめ

AssistiveTouch機能でホームボタンの操作をするとタッチ回数は増えます。
ただ指でホームボタンを押し込まずに済むので、ボタンの消耗を抑えられることと、タッチだけで力不要の操作ができます。
またホームボタンを長押しするSiri起動や2回押しのマルチタスク機能がタッチでできるようなったので満足です。これらの操作はボタンを消耗させますので。
iPhoneを長く使っていきたい方にはお勧めです。


Top